熊本 ジェネリック医薬品の大洋薬品が確かな品質でお応えします。


大洋薬品ロゴ_new_240_40.jpg


「 ジェネリック医薬品 」が、 熊本の健やかな未来をサポートします。


このページでは、ジェネリック医薬品について解説します。
詳しくは、テバ製薬 のホームページをご参照ください。

『ジェネリック医薬品』って、どんなお薬ですか?

新薬の特許期間が満了後、厚生労働省の承認を得て製造・販売されるお薬です。
新薬に比べて開発費が削減できるため、新薬と同じ有効成分、同等の効き目でありながら、お薬の価格を低く抑えることができます。
そのため患者さん個人の医療費負担を軽くするだけでなく、国全体の医療費削減にも貢献することが期待されています。

  • 新薬の特許満了後、製造・販売されるお薬です。
  • 新薬と同じ成分、同等の効き目。
  • 新薬に比べて、価格を抑えることができます。

新薬(先発医薬品)

新薬とは、日本で最初に発売されたお薬です。後発医薬品に対して、先発医薬品とも呼ばれています。特許を出願してから20~25年間、開発メーカーが独占的に製造・販売することができます。

  • 研究・開発に莫大なコストと年月がかかります。
  • 特許により保護され、開発メーカーが独占的に製造・販売することができます。

『ジェネリック医薬品』は、医療負担を減らす安価なお薬です

医療機関で治療を受ける機会が多くなると、それに伴って年々医療費が増加します。
特に生活習慣病などこれから長く病気とつきあっていかなくてはならない患者さんは、お薬を継続して飲みつづけることが大切であるため、お薬代が治療の負担になります。
そこでジェネリック医薬品です。中には新薬の半額以下で済むものもあり、患者さんの医療費負担を抑えることができます。

  • 新薬と比べると、ジェネリック医薬品は安価です。
  • 研究開発にかかる費用が少ないおかげで新薬の2~7割の価格です。

『ジェネリック医薬品』は、安全で安心なお薬です

医薬品には薬事法などによりさまざまな規制が設けられています。
もちろんジェネリック医薬品にも製造管理や品質管理などのために守らなければならない厳しい規制や基準があります。
その決まりに従い、開発、製造、販売されているため、安全性が確保されています。
発売後も副作用に関する情報収集を行い、安全性に対する配慮がされています。

  • 安全性と有効性が十分に確かめられています。
  • 有効性も新薬と同じです。
  • 国が定めた厳しい基準や規則を遵守することで、品質を守っています。

『ジェネリック医薬品』は、医師と薬剤師さんとご相談の上、お選びいただけます

ジェネリック医薬品は、医師及び薬剤師と患者さんが向き合い、相談して選ぶお薬です。
処方せんに記載された医薬品にジェネリック医薬品が発売されている場合は、基本的にジェネリック医薬品への変更が可能です。まずは診察時に医師に相談してみましょう。

  • まずは、「ジェネリック医薬品にしてください」という言葉から。